渡部の歩き方【全64店舗】お店まとめ - 動画を観るならHulu!独占で無料配信中

国内外の映画から最新の海外ドラマまで、膨大なコンテンツのラインナップで知られる動画配信サービス、hulu。その中でも予算的には小品ながらグルメ通の間でかなり話題となっているのが、アンジャッシュの渡部健氏が主演をつとめる「渡部の歩き方」です。2018年からBS日テレでも放送が開始されこの番組のことを知っている方も多いのではないでしょうか。

この番組は渡部がプライベートで行ったことのある、あるいは行ってみたいと思っている、いわば“渡部の聖域”ともいえる全国の名店を紹介するという企画。コスパも旅費も、所要時間も気にしない、休日の一人旅にカメラが同行するという、動画配信サービスならではのスタイルが好評を集めています。ここでは渡部の歩き方で紹介されたお店を紹介していきます。

  1. 北は青森から南は鹿児島まで、これまでに配信された充実した足跡を追って、名店の魅力をご紹介します。5月は「福島編」。穴場編を配信後にまとめて更新していきます。

    これまでのエピソード

    1. 愛媛編 NEW

    2. 福島編

    3. 長崎編

    4. 福井編

    5. 北海道編

    6. 鳥取編

    7. 佐賀編

    8. 青森編

    9. 山形編

    10. 岐阜編

    11. 徳島編

    12. 秋田編

    13. 仙台編

    1. 富山編

    2. 小田原編(SP

    3. 熊本編

    4. 広島・岡山編

    5. 鹿児島編

    6. 金沢編
      20 静岡編

     

    *************Top*************************

    9_山形編 絶品の自家製ハム「IL COTECHINO(イル コテキーノ)」

    ロケ開始から1年を迎える記念すべき旅となった今回の行き先は山形です。最初に向かったのは山形駅から車でおよそ10分ほどのところにあるイタリア料理店「IL COTECHINO」。料理人の間では名の通った存在ながら、某グルメサイトでは過小評価されているため、美味しいのに使いやすい、グルメファンにとってまたとないお店です。

    こちらのウリはなんといっても質量ともに圧巻という他ない自家製ハム。「2種のプロシュット・コットとポルケッタ」「煮こごりソーセージのカルパッチョ」「モルタデッラソーセージ盛り合わせ」など、趣向を凝らしたアンティパストは、どれも絶妙な塩加減・熟成度合いで飽きさせず、ワインが進みます。続くプリモピアットのリガトーニやリゾット、メインの「サルシッチャとポルケッタ」にいたるまで、主役はすべて自家製ソーセージ。これを食さずしては死ねないと思わせる、本場で研鑽を積んだシェフのこだわりと本気が感じられる肉のフルコースでした。

    ▼基本情報▼
    店名:IL COTECHINO(イル コテキーノ)
    住所:山形県山形市七日町4-1-32 松源ビル
    電話番号:0572-65-2102
    営業時間:18:00〜23:00
    定休日:水曜日

    *************Top*************************

    といや(肉そば・かつ丼)

    続いての行き先は山形駅から車で30分ほどのところにある「といや」。郊外の国道沿いに位置する大型店で、いかにも和食専門のファミリーレストランといった風情ながら、近隣では知らない人がいないという人気店です。渡部氏が以前から気になっていたという、地元で愛されるローカルフード「肉そば」と「かつ丼」を一度に楽しむことができます。

    鶏の風味を効かせた「肉そば」の甘辛い出汁は冷たいのが特徴。やや太めの麺とマッチし、喉越しと歯ごたえの良さを求め冬場でもよく出る人気メニューなのだそう。もともとはお店がある河北町の名物でしたが、これを目当てに県外から訪れる人も多く、山形の名物として知られるようになったとのこと。一方の「かつ丼」は、いわゆる卵でとじないタイプで、醤油ベース、カレー風味のタレは思いのほかあっさりしているのが特徴です。ご飯との相性が抜群で、やはり山形の名物として人気です。山形の絶品B級ご当地メシ、気になりますね。

    ▼基本情報▼
    店名:といや
    住所:山形県西村山郡河北町月山堂392-1
    電話番号:0237-72-3720
    営業時間:11:00〜15:30/17:00〜19:00
    定休日:水曜日

    *************Top*************************

    山形穴場編:ばんこう花(日本酒・カレー)

    今回穴場編で訪れたのは、山形駅から車でおよそ10分のところにある「ばんこう花」。軒先には「吟醸酒」と「カレー」の文字。かたや香りが命、かたやスパイスが決め手のメニューを一緒に供するという、世にも珍しい業態のお店です。

    暖簾をくぐるとまず通されるのが「斗瓶屋」と名付けられた小部屋。こちらで日本酒を楽しんでからカレーをいただくという流れが基本らしい。もとは普通のカレー屋だったのが、店主の日本酒好きが高じて現在の形に。肴は「芸術品」である高級酒の風味を壊さないものだけ、有名な酒蔵に頼んでこしらえたプライベートブランドも持つというこだわりようです。肝心のカレーは、インド風とも欧風とも違う「ばんこう花」スタイル。スパイスとコクのバランスがいい「チキンカレー」と、野菜と肉の旨味をいかした「ポークカレー」は、いずれも売り切れ必至の逸品です。店主のこだわりがつまった日本酒とカレーのリレー、ぜひ試してみては?

    ▼基本情報▼
    店名:ばんこう花
    住所:山形県山形市東原町1-12-29
    電話番号:023-633-3191
    営業時間:12:00〜14:00/18:00〜21:00
    定休日:日曜日

    **************Top*************************

    15_小田原特別編 “口どけする鰻”「うなぎ亭 友栄」

    これまで全国各地の美味しいお店を旅してきた『渡部の歩き方』。番組が始まって以来、初めての関東編となった今回は、神奈川県は小田原市にある「うなぎ亭 友栄」を訪れました。場所は、JR小田原駅から車で15分ほどのところ、東海道沿い箱根口I.C.のすぐ近くにある鰻の名店です。

    表面を藁で軽く炙って仕上げた「えぞ鹿のたたき」は、ポン酢のジュレ、塩、漬けと、さまざまな食べ方が楽しめる心憎い演出。ほうじ茶の葉で燻されながら登場した「煙に包まれた甘鯛」も、ウロコ揚げした表面とレアな身の食感のコントラストが楽しい、前菜として申し分のない一品です。そして、卵黄に絡めていただく絶品のひきたて「鰻の肝」を食べ終わる頃合いを見計らって、お待ちかね「うな重」が登場します。

    こちらでいただける鰻は、市場に出回っているもののうち、たった1割程度しか名乗ることを許されない、「青うなぎ」と呼ばれる最高級品。肉厚ながら、口に入れた途端に溶け出すような滑らかな口当たりは、まさに“ご褒美”というにふさわしい。東京から日帰りで楽しめる絶品の鰻。人気店なので、ご予約された上でのご利用がおすすめです。

    ▼基本情報▼
    店名:うなぎ亭 友栄
    住所:神奈川県小田原市風祭122
    電話番号:0465-23-1011
    営業時間:【平日】11:00〜19:00【土・日・祝日】11:00〜17:00
    定休日:木・金曜日

    *************Top*************************

    19_金沢編 北陸随一寿司の名店「太平寿し」

    北陸金沢には、全国に名を轟かせる寿司の名店が少なくありませんが、なかでも名高いのが、JR金沢駅からタクシーで25分ほど、金沢市のお隣、野々市市にある「太平寿し」です。住宅街に位置し、外観は地方にありがちな大箱の店構えで、カウンターに並行してガラスのネタ箱が設置された、いたって標準的なインテリア。初めての訪問でも気負わず迎えてくれるのがうれしい。

    番組の収録は11月であったため、輪島で揚がった鯖の昆布じめや炙った寒ブリ、ズワイガニやのど黒といった北陸ならではの冬の味覚が目白押し。さらに、石川産の香箱ガニの身と内子・外子をそれぞれシャリをつなぎにしてミルフィーユ状にした逸品など、知らずに訪れると注文しそこなってしまいそうなものまでしっかり紹介してくれていて好感が持てます。

    また、気さくなご主人や、たまたま同席していた他のお客とも気楽に話せる店内の雰囲気など、店内のリアルな雰囲気が手に取るようにわかるのもこの番組特有の魅力。そもそも、こちらは地上波では紹介されないお店だから、それだけでも価値があるといえそうです。

    ▼基本情報▼
    店名:太平寿し
    住所:石川県野々市市太平寺1-164
    電話番号:076-248-5131
    営業時間:11:30〜14:00/17:30〜22:30
    定休日:水曜日

    *************Top*************************

    おでん屋「菊一」(カニ面)

    金沢市の中心部であり最大の繁華街・香林坊に店を構える「菊一」の創業は1934年。昭和の面影が残る風情たっぷりの内観、年季の入った大きなおでん鍋、木製の長いカウンターと、おでん屋に求めるハード面がおおよそ揃っていて、おのずと晩酌気分が盛り上がります。

    実は、金沢市を擁する石川県は、おでん屋件数がなんと全国最多!塩をベースにした出汁を使用し、珍しい具材が入った「金沢おでん」なる、一風変わったスタイルのおでんを楽しむことができます。そんないわば“おでんのメッカ”である金沢のなかでも「菊一」は最古参で、“原点”ともいわれるお店です。

    渡部氏が真っ先に注文したのが「金沢おでん」を代表する変わり種「蟹面」。香箱ガニを食べやすいように層に分けて殻詰めした、金沢ならではのフォトジェニックな逸品です。食した後に甲羅酒をいただけるというのも、お酒好きにはうれしい。もう一つの看板商品、蒸し焼きした豚の串に白味噌を絡めた「どて焼き」と合わせてどうぞ。

    基本情報▼
    店名:菊一
    住所:石川県金沢市片町2-1-23
    電話番号:076-221-4676
    営業時間:17:30〜22:30
    定休日:火曜日・水曜日

    *************Top*************************

    ひよこ(ビーフステーキ)

    金沢グルメというと、真っ先に魚介類を連想する方が多いと思いますが、そんな期待をいい意味で裏切ってくれるのが、渡部氏の潔さ。ほとんどの観光客が訪れるにちがいない近江町市場や市場内のお店には目もくれず、向かったのは金沢市の郊外にあるビーフステーキのお店「ひよこ」。

    あの名優、高倉健さんが映画の撮影中に足しげく通ったことから、全国的にも知られた名店ながら、やはり地上波NGのため、カメラが入ったのはこの「渡部の歩き方」が初めて。動画による生き生きとした描写といい、店主から素材やエイジングについての説明を引き出す渡部氏の進行のうまさといい、従来のグルメ番組とは段違いの臨場感で、見ていて飽きさせません。

    グルメサイトなどでこの店について聞きかじっていれば、あまりの評判の高さと、飾り気のない外装やこぢんまりとした店内のギャップに、来店時のドレスコードや店内でのふるまい方について、不安を覚えている方も多いはず。「渡部の歩き方」によれば、どうやら装いも気持ちも、普段着のままで出かけられそうです。

    ▼基本情報▼
    店名:ビーフステーキ専門店 ひよこ
    住所:石川県金沢市菊川1-34-19
    電話番号:076-263-4054
    営業時間:火〜土16:00〜21:00/日・祝13:00〜21:00
    定休日:月曜日

    *************Top*************************

    金沢穴場編:とんとん亭(とんかつ)

    たまたま乗ったタクシーの運転手さんのおすすめで、半ばハプニング的に渡部氏が訪れたのが、金沢駅西口から歩いて10分ほどのところにある「本家とんとん亭」。

    名物の「スーパーとんかつ定食 超厚切り(特大)」をちゃっかり注文しているあたりが、美味しいものに嗅覚のきく渡部氏らしい。その名に違わない、少食な人なら、二切れも食べれば満足できそうなボリュームで、厚みも大きさも普通じゃない。ルックスは面白いけど、味の方はまるでダメなんてことが少なくありませんが、このお店にはあてはまらないらしい。肉質がいいのに加えて、スジもちゃんと丁寧に処理してあるから、驚くほど柔らかく仕上がっているのだとか。

    地元で愛されるとんかつ屋ながら、そうと知らなければ通り過ぎてしまいそうな、素朴な外観が好感度高め。こんな風な隠れた名店との出会いがあるのも「渡部の歩き方」の魅力ですね。金沢で行きたいお店がまた一つ、増えてしまいました。

    ▼基本情報▼
    店名:本家とんとん亭
    住所:石川県金沢市北安江3-16-17
    電話番号:076-233-0086
    営業時間:11:00〜24:00
    定休日:なし

    *************Top*************************

    20_静岡編 天ぷらの名店「てんぷら 成生」

    番組の初回は、静岡の知る人ぞ知る天ぷら屋さん「てんぷら 成生」。
    こちらのお店、わざわざ東京からミシュランの星を獲得しているシェフも食べにくるというほどの名店。
    そしてなんと、食べログで静岡天ぷら部門1位、和食部門10位というかなりの人気店。流石、グルメな渡部さんが食べに行きたいお店なだけありかなりの人気店です。

    それにしても、流石テレビ的演出をしないと言っただけあります。一発目から静岡全店舗でもかなりの上位のお店、ましてや天ぷら部門では1位です。こういう目玉のお店は、大抵番組の最期の方に出てきますからね。本当に、ただこのお店に行ってみたかったのだなと思います。

    もちろん、出される料理もどれも一級品。全てがベストな温度とタイミングで揚げられているらしく、これには流石の渡部さんも興奮が止まらず終始笑顔がこぼれ上機嫌でした。

    ほとんどのグルメサイトで高評価なだけあり、出された料理はどれも美味しそうで見ていて涎が止らなくなります。このお店は予約必須となりますので、もし行こうと考えている場合は予約を忘れずにしましょう。

    ▼基本情報▼
    店名:てんぷら 成生(なるせ)
    住所:静岡県静岡市葵区鷹匠2-5-12 1F
    電話番号:076-263-4054
    営業時間:火〜日17:00〜22:00
    定休日:月曜日

    *************Top*************************

    いし橋 うなぎ店(うなぎ)

    静岡の二点目は、渡部さんがインターネットで投稿された写真を見てプライベートでも食べにいったことのある鰻屋さん「いし橋うなぎ店」です。

    こちらのお店、関西風の蒸さない皮がパリパリの鰻を食べられるとのこと、鰻の食べ方一つでも地方によって食べ方の違いがあるのですね。流石芸能界トップの食通、見てるいるだけでも勉強になります。

    お店のメニューには、うなぎ定食のみ。サイドメニューなどはありますが、メインの料理はこの定食のみというところに店主の自信が伺えますね。

    他にも、料理ができるまで40分ほど掛かる肝焼きも大人気みたいです。こちらの肝焼き、鰻を20匹くらい使うらしくいつでも食べられるメニューではないとのこと。

    毎回食べられると決まってない、限定の美味しい物を食べられる運のことを渡部さんいわく「食運」と呼ぶそうです。ここでも、渡部さんの持論が何個か言われますが一番印象に残ったのは「2年前に食べたものを覚えてて、また食べたいと思うのが4000円なら安い」という言葉。

    確かに、そこまで印象に残るほど美味しい料理、食べてみたくなりますね。

    ▼基本情報▼
    店名:いし橋うなぎ店
    住所:静岡県静岡市駿河区西中原1-6-13
    電話番号:054-286-0429
    営業時間:11:00〜14:40/17:00〜20:40
    定休日:なし

    *************Top*************************

    19_静岡穴場編:駄菓子屋(おでん)

    地上波では放送されなかった、Huluだけの特別編です。そして、最期の締めで向かうお店がまさかの駄菓子屋さんだというから驚きです。

    番組の最期の締めですからね、普通のテレビ番組だったらここでメインとなる物が出てきてもおかしくありません。番組の三ヶ条で言ったように、テレビ的なのを意識しない番組作りは好感が持てます。

    しかし、そこは渡部さんが行く駄菓子屋さんだけあり、普通の駄菓子屋さんではありません。なんと、駄菓子屋さんでおでんが売っているのです。そのおでんの煮汁はなんと真っ黒、ハンペンも白ではなく黒くてビックリな上に全部串に刺さっています。今までのお店も充分インパクトがありましたが、この静岡おでんもなかなかのインパクトです。

    駄菓子屋というから油断していましたが、流石「世界の渡部」なだけありますね。自分が行きたいお店を紹介するだけでなく、最期の最期にご当地グルメまでしっかりプレゼンするとは…。

    ▼基本情報▼
    店名:水野商店
    住所:静岡県静岡市葵区本通2-2-17
    電話番号:054-253-3260
    営業時間:8:30〜19:00
    定休日:なし

    次のページへ >